MENU

白髪と遺伝

白髪と遺伝は深く関係しています。遺伝が原因で白髪になります。ただ、白髪が遺伝するというのは確かな根拠はありません。

 

親に白髪が多いと子供も白髪が生えるのが早いとよく言われますが、まだ白髪と遺伝を結び付ける根拠ははっきりとは発見されていないのです。確かに体内の色素は遺伝します。

 

親の肌の色が白いとそれは子供にも遺伝するので、髪の色も色素が関係しているので同じことが言えます。実際、親が若いころから白髪が多いと、子供も若白髪になる傾向にあります。

 

しかし栄養不足で白髪になることの方が多いと言えます。髪の毛を形成するにはビタミン、ミネラル、アミノ酸が不可欠なので、乱れた食生活をしていると栄養不足になります。

 

白髪は遺伝するというよりは、白髪のある親の習慣を受けつぐことで子供が白髪になりやすいといった方が適切かもしれません。

 

白髪は遺伝しやすいのは確かですが、必ずしも親が白髪だから子供も白髪になるとは限りません。

 

親子は生活習慣や食事内容が同じであることが多く、親が白髪になりやすい生活習慣をしていれば、子供もそれに似た体質になってしまいます。

 

要するに遺伝そのものが原因というよりは、生活スタイルが影響して白髪になりやすくなっているのです。

若い人の白髪染め

若い人で白髪染めする人は最近多くなりました。

 

白髪,遺伝

 

白髪は加齢とともに増えるものと言うのが常識ですが、最近は10代から白髪に悩む人が増えていると言います。

 

20代や30代から白髪に悩んでいる人は増えていて、今や白髪は高齢になってから悩むものではなくなりました。

 

白髪は本来30代後半から40歳頃に生えてくるものですが、今の時代、10代や20代の若い人でも白髪に悩む人がたくさんいます。

 

若いうちから白髪が増えると年齢よりも老けて見えてしまい、髪の毛そのものにコンプレックスを感じるようになります。

 

若い人の白髪染めは悲しいものがありますが、白髪になるのは原因がちゃんとあります。

 

若い年齢から白髪が生えてくるのは、遺伝や病気、栄養の偏り、ストレス、頭皮の状態の悪化、睡眠の質の低下などが考えられます。

 

特に顕著なのが栄養の偏りで、髪の毛が作られるためには栄養が必要です。

 

必要な栄養が毛根まで行き届かないと白髪になってしまいます。

 

腸で吸収された栄養は生命維持に欠かせない機能の部分から配られるので、毛根は一番後回しになります。髪の毛を作るために必要な栄養は血液によって運ばれるので、ストレスなどで毛細血管が収縮すると栄養不足になります。