MENU

白髪を染めなくても相応になる年齢ってどれくらい

 

白髪=老けて見える
とお考えになる方もいらっしゃるかと思います。

 

では、どれくらいの年齢になると白髪でも違和感がないのでしょうか?

 

そこで今回は、白髪染めしなくても年相応に見える年齢はどれくらいなのか、について調べてみました。

 

 

白髪に悩み始める年齢

まず、白髪について悩み始める年齢についてご説明します。

 

早い方では、10代くらいから白髪が生えることもあるそうですが、一般的な平均を言うと、35歳前後で白髪に悩み始めるそうです。

 

あるヘアカラーの調査では、35歳を境にして白髪染めを購入する人が増えるという結果が出ています。

 

その後、50代になっていくると、頭全体に白髪が目立つようになる方が多いということです。

 

白髪が相応になる年齢

では、白髪を染めなくても年相応になるのは、どれくらいの年齢なのでしょうか。
先ほど、50代になると、頭の全体が白髪になる方が多いとご説明しました。

 

一方で、とある調査によると、50代後半になると白髪染めの購入が減ってくるという結果が出ました。

 

その理由は、白髪が年相応に見られやすくなること、敢えて白髪染めをしなくても良いと考える方が多くなるからです。

 

まとめ

ここまで、白髪を染めなくても相応になる年齢について見てきました。

 

今回調べてみた結果、50代後半になると白髪を染めなくても年相応に見られるようになるということが分かりました。

 

敢えて白髪を染めず、白髪を生かした髪型にされる方が多いようです。

 

女性はなかなか白髪染めをやめれない

男性と違い女性はそう簡単に白髪染めをやめれません。

 

ロマンスグレーは男性にある言葉で、女性は白髪が増えるとただ単に老ける印象です。

 

女優の樹木希林さんのような存在の方でしたら話は別ですが、一般的には白髪は隠したいものです。

 

それだけに白髪染めシャンプーのように日常的に使えるものは白髪が増えてきた女性にはおすすめです。

 

白髪染めシャンプーなら、染め際が目立ちも少なくなるでしょう。

白髪が似合う芸能人

見た目を気にする商売でもある芸能人は、白髪が出ていても違和感がない人でも若々しいイメージを出すために染めてしまいますので、あえて白髪にすると逆に老け込んで見えてしまうのではないでしょうか。

 

しかし良い年齢の重ね方をすれば、老け込んで見えてしまう白髪もナチュラルに見えて、人によってはかっこよさや人間味があるして見せることもできます。白髪が似合う芸能人として検索サイトにて調べてみましたら、一番ヒットをした名前が吉川晃司さんです。

 

年齢的にも白髪が生えても違和感がなく、元々ハンサムな人なのであえて全体的に白くさせることによって、年齢に合ったかっこ良さが見えてしまいます。

 

また女優の樹木希林さんや草笛光子さんのように無理をして若作りをしているのではなく、年を重ねることを自然の成り行きとして受け入れることによって、白髪があっても自然に見えて老け込んだ印象にならないのも素晴らしいです。

 

人によっては老けて見えたり貧弱に見えてしまったりしますが、自然体で清潔感があることや日々充実している生活を送っている人ほど、白髪になっても逆に気にしなく似合うようにすることによって好印象を保つことができますね。