白髪染めシャンプーの選び方~3つのポイント

白髪シャンプー選び方

白髪シャンプーの購入を考えた時に気を付けたいこと

早い方だと20代で生え始める白髪。

年を重ねるごとに増え、お悩みになっている方もおられると思います。

そこで質問です。
皆さんは、どのように白髪を染めていますか?

美容院に行って染めている方や、市販の白髪染めヘアカラーを使用して染めている方などがいらっしゃると思いますが、最近では白髪染めができるシャンプーも登場しています。

「白髪染めシャンプーに興味はあるけど、どれが良いのか分からない」
今回は、そのような声にお応えして、白髪染めシャンプーの選び方についてご説明していきたいと思います。

白髪染めシャンプーとは?

まず簡単に、白髪染めシャンプーについてご紹介します。

[白髪染めシャンプーってどういうもの?]
白髪染めシャンプーとは、頭を洗うだけで白髪を徐々に染めていってくれるシャンプーのことを言います。

[白髪染めシャンプーのメリットとは?]
白髪染めシャンプーを使用するメリットには、以下の2つが挙げられます。

<メリット1 お手軽>
白髪染めシャンプーの使い方は、頭を洗って流すだけです。
髪に付けて置いておく時間を設ける必要はありません。

つまり、手軽に白髪を染めることができるのです。

<メリット2 髪や頭皮に優しい>
白髪染めシャンプーには、化学成分が殆ど配合されておらず、低刺激になっているのが特徴です。

つまり、髪や頭皮を傷めずに白髪を染めることができるのです。

白髪染めシャンプーの選ぶときの3つのポイント

白髪染めシャンプーを選ぶポイントは、どのような成分が配合されているのかを確認することです。

いくら低刺激で化学成分が配合されてないとしても、一概に良い白髪染めシャンプーであるということはできません。

きちんと白髪を染めるためには、どのような成分が配合されているのかを確認する必要があるのです。

では、どんな成分が配合されている白髪染めシャンプーを選べば良いのでしょうか?
注目すべき成分としては、以下の3つがあります。

注目ポイント①洗浄力の強い成分が配合されていないか

洗浄力の強い成分が配合されていると、頭皮の環境が乱れやすくなります。
アミノ酸系の成分が配合されている白髪染めシャンプーを選ぶと良いでしょう。

注目ポイント② 白髪をケアする成分が配合されているか

やはり一番大切なのが、「白髪ケア成分」です。
次に挙げるような成分が配合されているものを選ぶことをおすすめします。

  • ヘマチン・・・髪を補修  メラニン色素の働きをサポート
  • チロシン・・・メラニンの増加を促す
  • フコイダン・・髪の色付け  保湿効果

注目ポイント③ 保湿成分が配合されているか

保湿成分は、頭皮の環境を整えるために必要な成分です。

健康な髪に保つためにも、保湿成分が配合されている白髪染めシャンプーを選びましょう。

選び方まとめ

白髪染めシャンプーを選ぶときには、白髪をきちんと染め、髪や頭皮に優しい成分が配合されているものを選ぶことがポイントです。
ぜひ参考にしてみてください。

白髪染めシャンプーは頭皮にやさしいものを使いましょう

お家で手軽に白髪を染められると人気となっている白髪染めシャンプー。

白髪染めシャンプーおすすめ

「しっかり白髪ケアができて、頭皮や髪にもやさしい白髪染めシャンプーが良い」

このようにお考えの方もいらっしゃると思います。

では、頭皮や髪にやさしい白髪染めシャンプーとはどのようなものなのでしょうか?
そこで今回は、頭皮や髪にやさしいと言える白髪染めシャンプーの見分け方についてご紹介していきたいと思います。

頭皮や髪にやさしい白髪染めシャンプーの成分の見分け方とは?

頭皮や髪にやさしい白髪染めシャンプーか見分けるには、以下のような成分が入っていないかに注目します。

パラベン
シリコーン
ジアミン
タール系色素

それぞれどのような成分なのかについて説明します。

パラベン

パラベンは、防腐剤として使用されています。
肌荒れやアレルギーを引き起こすことがある成分となっています。

表記:メチルパラベン、エチルパラベン、プロピルパラベン、ブチルパラベン、ベンジルパラベン

シリコーン

シリコーンとは、酸素・ケイ素・有機基からなる有機化合物です。
洗髪中の髪の軋みを抑えたり、ダメージを軽減させるために使用されますが、配合量が多いと頭皮や髪に残りやすく、肌トラブルが起こることがあります。

表記:ジメチコン、アモジメチコン、シクロペンタシロキサンなど

ジアミン

ジアミンは、白髪染めやヘアカラーの主成分となる化学染料として使用されています。
アレルギーを引き起こすことがある成分です。

表記:PPDA、パラフェニレンジアミン

タール系色素

タール系色素は、着色料として使用されています。
アレルギーを引き起こしたり、発がん性があるともいわれています。

表記:赤色○号、黄色×号

まとめ

ここまで、頭皮や髪にやさしい白髪染めシャンプーの見分け方について見てきました。
頭皮や髪にやさしい白髪染めと選ぶときには、上記でご説明した成分に注目すると良いことが分かりました。

ですが、今回ご紹介した成分については、「技術が発展して、安全になっている」という意見や「まだまだ安全ではない」という反対の意見があるなど、効果や害について賛否両論となっています。

配合されているからといって、一概に安全ではないとは言い切れないのが現状です。

しかし、アレルギーなどを引き起こす可能性は少なからずあるので、避けるに越したことはないと考えられます。

白髪染めシャンプーを買うときには成分に気を付けてみてください。

シャンプーで白髪を染める仕組み

シャンプーで白髪が染まる仕組みについて調べてみました。

シャンプーで白髪を染める仕組みとは
白髪染めシャンプーには、髪を染める効果のある成分が含まれています。
毎日シャンプーをしていくことで、少しずつ髪が染まっていくという仕組みになっています。

利尻カラーシャンプーで髪が染まる仕組みは
例として、「利尻カラーシャンプー」で髪が染まる仕組みをご紹介します。
利尻カラーシャンプーには、イオンカラーとナノ分子カラーという2つのカラー成分と直物染料が配合されています。

[イオンカラー]
傷んだ髪が持っているマイナスイオンとプラスのイオンカラーが強く結合することで、美しく発色します。

[ナノ分子カラー]
整ったキューティクルの間にナノ分子カラーが浸透して、キレイな髪色に染めていきます。

【まとめ】
ここまで、シャンプーで白髪を染める仕組みについて見てきました。
白髪染めシャンプーには、髪を染める成分が配合されており、その成分の力で少しずつ色が染まっていくという仕組みであることが分かりました。
ヘアカラーとは違い、すぐに染まることはありませんが、毎日シャンプーするだけで染めることができるので、手軽に白髪染めができる方法となっています。